パールサイズの選び方

ここで説明していること

・パールネックレスのサイズ表記とその意味について。
・サイズにもその時々の流行がありますが、今、そつなく使えるのは。。。
・ネックレスと耳飾りのサイズの関係は?

ご興味をお持ちいただけましたら、以下へ読み進めてください。



1.はじめに

「希望のサイズを決める」のは真珠ネックレス選びの最初の一歩ですね。 はじめて真珠のネックレスをお求めのお客様にはとっては、何を基準に選べば良いのか…難しい問題だと思います。
ここでは、選び方の一例を書かせていただきますので、多少の参考程度に読んでいただければ幸いです。


2.アコヤ真珠ネックレスのサイズ定義について

一般的にアコヤ真珠ネックレスは、0.5mm 以内のサイズ誤差で組み上げられています。例えば「7-7.5mm」と表記されるものは「7.0mm以上、7.5mm未満の真珠を使って組み上げられたもの」で、「8-8.5mm」と書いてあれば「8.0mm以上、8.5mm未満」ということになります。
そして、着けたときに正面にあたるセンター付近を大きめの粒で、後ろ側に当たる裾を小さめの粒で組み上げます。
「大きめ」「小さめ」とは、例えば「7-7.5mm」の場合、センター付近が 7.5mm に近いサイズのもの、裾が 7.0mm に近いサイズのものということです。


3.フォーマルパールとしてのサイズの選択肢について

アコヤ真珠ネックレスのサイズのバリエーションは大変豊富で、入手可能か否かは別として、小さいものは「2-2.5mm」から、大きいものは 10mmオーバー まであります。 1本のネックレスを冠婚葬祭、子供の入園・入学式や、卒園・卒業式とオールマイティにご使用になる前提では、7.5mm 以上のものがオススメです。
そして、弔事では「大粒は失礼にあたる」と考える地域もございますので、9mmオーバーは使いにくい場面もあるでしょう。
以上のことから、「7.5-8mm」「8-8.5mm」「8.5-9mm」からお選びいただくと、1本を永く有効にご使用いただけると思います。


4.フォーマルパールとしておすすめの3サイズの特徴について

●7.5mm – 8.0mm

フォーマルセットとして大変無難なチョイスです。平均的な日本人女性に、まず最初にお考えいただきたいサイズです。
ただし、もう何年も一番の売れ筋が 8-8.5mm でございまして、世間の多くの方が 8-8.5mm をご使用いただいていることを考えますと、今の時代にあっては、「ちょっと小ぶりで品よくまとめたい」とお考えの方にオススメのサイズと言えるかもしれません。

●8.0mm – 8.5mm

従来、余裕を楽しむチョイスと言われておりましたが、価格がこなれてきたことをきっかけに、ファーストパールとしてお選びいただく方が増え、もう何年も売れ筋ナンバーワンの存在です。
贈りものでお考えの方には、8-8.5mm を第一候補としてご検討いただくことをオススメいたします。

●8.5mm – 9.0mm

大人のチョイスです。ラグジュアリー色がグッと濃くなり、存在感が増しますので、そろそろ買い替えで大きめのものを…とお考えの方にオススメです。
また、結婚30周年の真珠婚など、ご夫婦の記念日にご主人から奥様へ日頃の感謝の気持ちを込めてお選びいただくには最適なサイズです♪


5.個体差について

同じサイズ表記でも、ネックレスには微妙に粒のサイズ感が異なる「個体差」がございますので、覚えておいていただけると役立つ場面があるかもしれません。
留意点は二つございまして、まずは、ネックレスの平均サイズです。
例えば、8-8.5mm 真珠部分40cm のネックレスが2本並んでいたとして、1本は50粒、もう1本は48粒だとします。
50粒の方の平均サイズは 8.00mm、48粒の方の平均サイズは 8.33mm です。
どちらも店頭でのサイズ表記は 8-8.5mm で、間違いでもありませんが、平均サイズがこれだけ違いますと、ワンサイズ違う?と思えるほどの差が見られます。
もう一つの留意点は、品質になります。輝きが強く、よく巻いて、透明度が高い真珠は一般に高品質とされていますが、これらを満たす真珠はキュッと締まって見えることが多く、ボディカラーが背景に馴染みやすいこともあり、同じサイズの透明度が低い真珠に比べて小粒に見えるという特徴がございます。


6.ネックレスとイヤリング、ピアスのサイズの関係について

イヤリング、ピアスは、ネックレスの1サイズ上のものを組み合わせることが一般的とされてきました。例えば、ネックレスが 7.5-8mm の場合、イヤリング、ピアスは 8-8.5mm となります。しかし、近年の養殖環境(生産量の減少)により、そういった「ボタンを一段ずつ掛け違えていく」ような組み合わせを続けていくのが難しくなり、今ではセット商品のほとんどが同サイズでの組み合わせとなっております。
当店でも、その時々の素材の状況によって1サイズ上のものをセットさせていただく場合がございますが、同サイズでの組み合わせを基本とさせていただいております。